初回無料相談

分割払い対応可

秘密厳守

土曜・夜間相談可

離婚相談

長野県長野市南県町1002-5 クロススクエア長野県庁前402

お問い合わせ・ご相談

050-5556-5966

電話受付 平日:8~22時/土:10〜21時/日祝:9~20時

Blog

未分類

個人事業者の休業損害

(事例)

和風料理店を営業しているA氏が交通事故で右脛骨骨折と右膝前十字靭帯を断裂し入院3か月を要しために6か月店を休業したことによる休業損害の計算方法。

店の料理はもっぱらA氏がつくっていた,注文や配膳はアルバイトを雇ってやっていたので休業するしかなかった。

 

1.A氏の事故前年の確定申告内容

 ①所得金額440万円

 ②青色申告特別控除額65万円

 ③固定費:374万円

  ・租税公課8千円

  ・利子割引5万2千円

  ・地代家賃360万円

  ・リース料7万円

  ・諸会費1万円

 

2.休業損害の計算

  6か月間休業していることから,固定費部分の374万円は経費から控除して計算

する必要があります。

 ①休業損害の日額の計算

  440万円+65万円+374万円=879万円

  879万円÷365日=24,082円

②休業6か月より

  24,082円×180日=4,334,760円

以上により,被害者のA氏の6か月間の休業損害は4,334,760円となります。

予約・問い合わせフォーム