初回無料相談

分割払い対応可

秘密厳守

土曜・夜間相談可

離婚相談

長野市南千歳1丁目10-6 藤栄ビル5階長野駅4分

お問い合わせ・ご相談

050-5556-5966

電話受付 平日:9~21時/土:10〜21時/日祝:9~20時

Blog

交通事故

「肩関節の腱板損傷」についての説明

交通事故で肩関節の捻挫・打撲・脱臼・上腕骨骨頭の骨折などで腱板が損傷(腱板断裂・部分断裂)した

場合に,肩関節の可動域制限が発生することがあります。

 

1.腱板の作用

  ①上腕骨の骨頭を引きつける

  ②上腕挙上

  ③骨頭引き下げ

  ④上腕内旋

  ⑤上腕外旋

 

2.腱板

  上腕骨頭をとりまいている小さな筋肉群のことです。

  上腕骨頭と肩峰の間に挟まれています。

  ・小結節に付着している・・・・・肩甲下筋

  ・大結節に付着している・・・・・棘上筋,棘下筋,小円筋 

 

3.損傷(完全断裂・部分断裂など) 

  腱板の退行変性(加齢・老化による変性など)を基盤として起こるものが圧倒的に多い。

  しかし,小さな外力によって断裂を起こすこともまれではない。

  ・疼痛は受傷時に短い激痛の時間があり,それから軽くなるが,6~10時間後再び起こる。

  ・上肢の挙上・・・自動不能(他動では正常)

  ・確定診断は,関節造影・CT・関節鏡・血管造影

                                  以上

予約・問い合わせフォーム