初回無料相談

分割払い対応可

秘密厳守

土曜・夜間相談可

離婚相談

長野県長野市南県町1002-5 クロススクエア長野県庁前402

お問い合わせ・ご相談

050-5556-5966

電話受付 平日:8~22時/土:10〜21時/日祝:9~20時

Blog

弁護士ブログ

原本、謄本、抄本、正本、副本の違い①

実務上よく出てくる用語なので、この機会に整理してみます(中野貞一郎・松浦馨。鈴木正裕編『新民事訴訟法講義〔第2版補訂2版〕』(有斐閣、2008年)及び『民事訴訟法講義案(改定補訂版)』(司法協会、平成19年)を参照しました)。

原本とは、作成者が、その思想を表示するものとして、「最初に」作った「確定的な」文書をいうとされます。「確定的」という点で単なる草稿はと区別されます。

これに対して、謄本とは、原本の内容をそのまま完全に写した文書をいいます。時系列としては必ず原本が謄本に先立ちます(原本の上記定義にも「最初に」とあります。)。

また、抄本とは、原本の一部を抜粋して写した文書のことです。 

原本⇔草稿・・・確定的かどうかの違い
原本⇔謄本・・・最初かどうかの違い
謄本⇔抄本・・・全部か一部かの違い

予約・問い合わせフォーム