初回無料相談

分割払い対応可

秘密厳守

土曜・夜間相談可

離婚相談

長野市南千歳1丁目10-6 藤栄ビル5階長野駅4分

お問い合わせ・ご相談

050-5556-5966

電話受付 平日:9~21時/土:10〜21時/日祝:9~20時

Blog

相続・遺言

親の世話、誰がする?-原則は子が扶助する義務を負う-

「年老いた父の面倒を、自分だけが見ている。兄弟にも負担してほしい。今まで負担した分を払ってほしい」
「障害を持った弟の世話を、自分だけがしている。兄弟にも負担させたい」
というご相談は、よくお受けします。


原則として、子は親に対して、その生活を扶助する義務を負います。その程度は長男次男、長女次女、嫁に行った行かないに関係せず、平等です。


兄弟も同じく、生活を扶助する義務があります。これもまた、長男次男等を問いません。
ですから法理論的には、これらのご要望は正当です。ですが、実際に支出させるとなると、なかなか厄介なことになります。
兄弟姉妹の間柄です。なるべく円満に話し合いをつけたいものです。

角を立てずに、任意交渉、調停等を利用して、話し合いを進めていくことをお勧めします。

お困りの際には、当事務所にもそれなりのノウハウがあります。ご連絡いただければと思います。

予約・問い合わせフォーム