初回無料相談

分割払い対応可

秘密厳守

土曜・夜間相談可

離婚相談

長野市南千歳1丁目10-6 藤栄ビル5階長野駅4分

お問い合わせ・ご相談

050-5556-5966

電話受付 平日:9~21時/土:10〜21時/日祝:9~20時

Blog

破産

破産、再生を決断すべき時の判断基準-迷っていても状況は好転しません-

破産、再生の決断は皆さん、迷われます。

まだ何とかなるのではないか、連帯保証人に迷惑をかけたくない、家族を悲しませたくない、みっともない…
けれど、迷っていても状況は好転しません。時間がたてば状況がよくなるのではないかという淡い期待は、たいていの場合、裏切られるものなのです。


「これはもう、現状では支払いきれない」と感じたら、まずは法律事務所に相談すべきです。そして、任意整理でいけるのか(そういう場合もあります)、破産や再生という法的手続きを踏むべきなのかについて、専門家の視点を交えて考えましょう。

ただひとついえることは「住宅を残したいから民事再生」という、皆さんがよくお持ちになるお考えは誤りです。

それは誰もが住宅を残したいでしょう。ただ民事再生にはいろいろな要件があります。この要件を満たさなければどれだけ住宅を手放したくなくても、民事再生はあきらめるしかない、ということがあります。

ですが、自己破産=その建物にもう住めなくなる、ということでも、ないのです。そこは方法がないわけではないので、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

予約・問い合わせフォーム