初回無料相談

分割払い対応可

秘密厳守

土曜・夜間相談可

交通事故

離婚相談

長野県長野市南県町1002-5 クロススクエア長野県庁前402

お問い合わせ・ご相談

050-5556-5966

電話受付 平日:9~22時/土:10〜21時/日祝:9~20時

新着情報

相続・遺産分割に関する事例紹介7

解決事例の紹介 

【相談内容】

前妻の子Aから相続の相談に来られました。

 父Bは若い女性と浮気をして母Cと離婚しました。その後,浮気相手の女性Dと結婚しました。

 再婚後3年した時に,父は再婚した妻Dに「自分が死んだら土地と家及び甲銀行の定期預金1000万円は妻のお前にやる」といったので,妻はその時に夫Bとの間で贈与契約書を作成しました。

 その後,数年して父が癌になり入院・手術,通院を繰り返しましたが,再婚した妻Dは看病をほとんどしない状態でした。

 父は怒って,父の土地と家及び甲銀行定期預金1000万円を私Aに相続させる遺言を書きました。

 私が見舞いに行った時に父から事の始終を話してくれました。

 その6カ月後に父は亡くなりました。

 父の死後Dは父との遺言契約書を盾に遺産の取得を主張して譲らないので,弁護士に委任してDと交渉して解決してほしいと依頼されました。

【交渉結果】

早速Dと交渉を始めました。

 本件のBとDとの契約は死因贈与であり,死因贈与は,その後にBが書いた遺言書によって撤回されることを説明して,土地,家,甲銀行の定期預金1000万円はAが相続することになると話しましたが納得しませんでした。Dは家庭裁判所に調停を申し立てましたがDの主張は通らず,父Bの遺言書通りにAが相続することになりました。

【弁護士からのコメント】

最高裁は,死因贈与の取消しについては,民法1022条が準用され,贈与者の最終意思を尊重して撤回できるとしています。(最高裁判昭和47年5月25日)

予約・問い合わせフォーム